YAMAHA CT-800

YAMAHA CT-800 がやってきた!

2009年12月12日、 YAMAHA CT-800 の修理依頼品が送られてきました。

オールドヤマハデザインのバリコン式チューナーです。 当時、私もこの CT-800 または後継機種の YAMAHA CT-1000 に憧れていました。

さてさて直るかな???



早速、程度&動作チェック

  1. 外観

  2. 到着した状態のまま電源 ON してチェックしました



カバーを開けてみました

  1. こんなに古い回路構成のチューナーを見たのは久々です。 ・・・ 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. FM 検波部

  5. FM MPX 部

  6. AM 受信部



修理&クリーニング



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 電圧チェック

    電源基板上の
    測定ポイント
    標準値 (V) 実測値 (V) 備考
    +30V +30 +28.92 AF アンプ
    MB +30 +27.93 MPX
    +12V +12 +12.00 MPX & チューナ全般
    -12V -12 -12.52 MPX

  2. FM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 CT-800 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : FM MONO
    MUTING : OFF
    HIGH BLEND : OFF
    - -  
    2 76MHz 30〜60dB
    変調 : MONO 400Hz
    76MHz 受信 フロントエンド
    LO
    S メータ = 最大  
    3 90MHz 30〜60dB
    変調 : MONO 400Hz
    90MHz 受信 フロントエンド
    TCO
    S メータ = 最大  
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 76MHz 30dB
    変調 : MONO 400Hz
    76MHz 受信 フロントエンド
    LA
    LR1
    LR2
    S メータ = 最大  
    6 90MHz 30dB
    変調 : MONO 400Hz
    90MHz 受信 フロントエンド
    TCA
    TCR1
    TCR2
    S メータ = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整
    8 83MHz 30dB
    変調 : MONO 400Hz
    83MHz 受信 フロントエンド
    IF
    S メータ = 最大 IF 調整
    9 83MHz 90dB
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T101 T メータ = 0 (センター) レシオ検波調整
    10 83MHz 60dB
    変調 : MONO 400Hz
    83MHz 受信 VR101 S メータ = 95 S メータ調整
    11 83MHz 26dB
    変調 : MONO 400Hz
    83MHz 受信
    MUTING : ON
    MUTING LEVEL : 5
    VR102 ちょうど MUTING ON/OFF MUTING LEVEL 調整

  3. MPX 部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 CT-800 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : FM AUTO
    MUTING : ON
    HIGH BLEND : OFF
    - -  
    2 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T102 D118 フロント側波形 = 最大 オシロスコープで観測
    3 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : OFF
    83MHz 受信 T104 TR123-B 波形 = 最大 オシロスコープで観測
    4 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : L-R 1kHz 100%
    83MHz 受信 T103 オーディオ出力 = 最大 サブチャンネル位相調整
    5 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : R ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR103 L ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整 (L)
    6 83MHz 90dB
    Pilot 信号 : ON
    変調 : L ch. only 1kHz
    83MHz 受信 VR104 R ch. オーディオ出力電圧 = 最小 セパレーション調整 (R)

  4. AM 受信部の調整

    手順 SSG周波数 SSG出力 CT-800 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - - FUNCTION : AM - -  
    2 600kHz 60dB 600kHz 受信 L302 S メータ = 最大  
    3 1400kHz 60dB 1400kHz 受信 AM2-TC S メータ = 最大  
    4 - - - - 手順2と3を数回繰り返す OSC トラッキング調整
    5 600kHz 40dB 600kHz 受信 バーアンテナのコア
    T301
    S メータ = 最大  
    6 1400kHz 40dB 1400kHz 受信 AM1-TC
    AM3-TC
    S メータ = 最大  
    7 - - - - 手順5と6を数回繰り返す RF トラッキング調整

  5. 調整結果



使ってみました

  1. 美しいデザインのチューナーです。 オールド YAMAHA デザインそのものです。

  2. 機能関連

  3. 感度と音質



仕様など

  1. ドキュメント

  2. 仕様

    FM 受信部  
    受信周波数範囲 76〜90MHz
    実用感度 (84MHz) 1.7uV (IHF)
    9.8dBf (新 IHF)
    クワイティングスロープ 5μV:55dB
    10μV:60dB
    イメージ妨害比 (84MHz) 100dB
    IF 妨害比 (84MHz) 100dB
    スプリアス妨害比 (84MHz) 100dB
    AM 抑圧比 55dB
    キャプチャーレシオ 1.0dB
    実効選択度 80dB (IHF)
    S/N 比 mono : 75dB
    stereo : 72dB
    高調波歪率 mono : 0.15% (400Hz), 0.3% (50Hz〜10kHz)
    stereo : 0.3% (400Hz), 1.0% (50Hz〜10kHz)
    ステレオセパレーション 45dB (400Hz)
    35dB (50Hz〜10kHz)
    周波数特性 50Hz〜10kHz ±0.5dB
    20Hz〜15kHz ±1.5dB
    サブキャリア抑圧比 60dB
    ミューティング信号レベル 10〜50uV 連続可変
    IF OUT レベル/インピーダンス 400mV/1kΩ
    Multipath レベル/インピーダンス Vert:17mV/80kΩ
    Horiz:400mV/1kΩ
    アンテナインピーダンス 75Ω不平衡型
    300Ω平衡型
    AM 受信部  
    受信周波数範囲 525〜1605kHz
    実用感度 (バーアンテナ) 52dB/m (IHF)
    選択度 (1000kHz) 30dB
    S/N (80dB/m) 45dB
    イメージ妨害比 (1000kHz) 70dB
    IF 妨害比 (1000kHz) 60dB
    スプリアス妨害比 (1000kHz) 70dB
    全高調波歪率 (80dB/m) 0.8%
    総合  
    出力レベル/インピーダンス (1kHz) FM (400Hz, 100% 変調) : Fixed 600mV/1kΩ, Variable:60mV〜2V/1kΩ
    AM (400Hz、30% 変調) : Fixed:120mV/1kΩ, Variable:12mV〜0.4V/1kΩ
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    定格消費電力 12W
    電源コンセント Unswitched, 500W
    外形寸法 436(W)×144(H)×323(D)mm
    重量 7.5kg
    その他  
    発売時期 1973年
    定価 75,000円