TRiO KT-1100

TRiO KT-1100 をゲット!

2009年7月8日、 TRiO KT-1100 のジャンク品を3,700円で入手しました。

TRiO 最後のバリコン式パルスカウント検波チューナ ってどんなのだろう?



程度&動作チェック

  1. 販売者のコメント

  2. 外観

  3. 入手した状態のまま電源 ON してチェックしました



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは非常に良いです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. FM パルスカウント検波部

  5. MPX 部

  6. AM 部



リペア

  1. FM 受信できない

  2. クリーニング

  3. 一部、黒の艶消しラッカースプレーで塗装

  4. 脚を交換



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 調整ポイント

    FM/AM 機能 種別 調整ポイント 調整内容
    FM フロントエンド L L1
    L3
    L4
    L6
    RF トラッキング
    L は空芯コイルなので調整困難
    TC TC1
    TC2
    TC4
    TC6
    L L5 OSC トラッキング
    L はワニスで固められているので調整できない
    TC TC8
    IFT T1 IF
    IF IFT L2 IF
    L3 WIDE 専用 IF
    L4 T meter (同調点)
    L5 Noise IF
    L6 2nd OSC
    VR VR1 WIDE ゲイン
    VR2 FM REC CAL レベル
    VR13 S meter
    MPX L L19 Pilot Cancel
    VR VR3
    VR4 VCO
    VR5 WIDE Stereo Separation (L)
    VR6 NARROW Stereo Separation (L&R)
    VR9 WIDE Stereo Separation (R)
    AM フロントエンド L L14
    L15
    RF トラッキング
    TC TC3
    TC5
    L L17 OSC トラッキング
    TC TC7
    IF IFT L16 IF
    VR VR11 T meter
    VR12 S meter

  2. 電圧チェックポイント (VP)

    VP 標準値 実測値 判定
    Q19-E +13V +13.5V
    Q20-E -13V -13.2V
    Q23-E +7V +7.28V
    Q24-E -7V -7.23V

  3. FM 受信部の調整

    手順 SSG出力 KT-1100 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - SELECTOR : FM
    FM REC CAL : OFF
    MODE : MONO
    FM RF SEL : NORMAL
    - -  
    2 83MHz
    40〜60dB
    無変調
    83MHz 受信
    IF BAND : NARROW
    TC8 S メータ = 最大 OSC トラッキング調整
    3 83MHz 40dB
    無変調
    TC1
    TC2
    TC4
    TC6
    RF トラッキング調整
    4 83MHz 受信
    IF BAND : WIDE
    T1
    L2
    L3
    IF 調整
    5 83MHz 受信
    IF BAND : NARROW
    - S メータ = レベルを記録 IF WIDE ゲイン調整
    6 83MHz 受信
    IF BAND : WIDE
    VR1 S メータ = 手順5と同一
    7 83MHz 90dB
    無変調
    83MHz 受信
    IF BAND : WIDE
    L4 T メータ = センタ FM 同調点調整
    8 L6 IC4(TR4011) 1pin 周波数 = 1.96MHz
    周波数カウンタで測定
    パルスカウント検波調整
    9 - SELECTOR : FM
    FM REC CAL : OFF
    MODE : AUTO ST
    FM RF SEL : NORMAL
    - -  
    10 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L+R
    83MHz 受信
    IF BAND : WIDE
    VR4 下の [VCO 調整手順] を参照 VCO 調整
    11 VR3
    L19
    オーディオ出力 = 19kHz 成分最小 パイロットキャンセル調整
    12 T1
    L2
    L3
    オーディオ出力 = 高調波歪率最小 IF 歪補正
    13 83MHz 90dB
    stereo 1kHz R
    VR5 L ch. オーディオ出力 = 最小 WIDE
    セパレーション調整 (L)
    14 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L
    VR9 R ch. オーディオ出力 = 最小 WIDE
    セパレーション調整 (R)
    15 83MHz 90dB
    stereo 1kHz R/L
    83MHz 受信
    IF BAND : NARROW
    VR6 L/R ch. オーディオ出力 = 最小 NARROW
    セパレーション調整
    16 83MHz 90dB
    mono 400Hz
    83MHz 受信
    IF BAND : WIDE
    - オーディオ出力 = レベルを記録 FM REC CAL 調整
    17 83MHz 受信
    FM REC CAL : ON
    VR2 オーディオ出力 = 手順16の -6dB

  4. AM 受信部の調整

    手順 SSG出力 KT-1100 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - SELECTOR : AM
    MODE : MUTE OFF
    IF BAND : NARROW
    - -  
    2 600kHz
    60dB
    1kHz
    600kHz 受信 L17 S メータ = 最大 OSC トラッキング調整
    3 1400kHz
    60dB
    1kHz
    1400kHz 受信 TC7
    4 手順2と3を数回繰り返す
    5 600kHz
    40dB
    1kHz
    600kHz 受信 L14
    L15
    S メータ = 最大 RF トラッキング調整
    6 1400kHz
    40dB
    1kHz
    1400kHz 受信 TC3
    TC4
    7 手順5と6を数回繰り返す
    8 1000kHz
    40dB
    1kHz
    1000kHz 受信 L16 S メータ = 最大 IF 調整
    9 1000kHz
    60dB
    1kHz
    VR11 T メータ = センタ T メータ調整
    10 VR12 S メータ = 4.5 S メータ調整

  5. 調整結果



使ってみました

  1. 非常にスッキリしたシンプルなやや薄型デザイン

  2. 機能関連

  3. 感度や音質



S メータ



仕様ほか

  1. ドキュメント

  2. 仕様

    FM チューナー部
    受信周波数範囲 76〜90MHz
    アンテナインピーダンス 75Ω不平衡
    感度 (75Ω) Normal : 0.9uV/10.3dBf
    Direct : 4.0uV/23.3dBf
    S/N 比 50dB 感度 (75Ω) Normal mono : 1.8uV/16.4dBf
    Normal stereo : 6.0uV/26.8dBf
    Direct mono : 6.0uV/26.8dBf
    Direct stereo : 30uV/40.7dBf
    高調波歪率 (100% 変調) WIDE mono : 0.015%(100Hz), 0.03%(1kHz), 0.05%(15kHz), 0.06%(50Hz〜10kHz)
    WIDE stereo : 0.04%(100Hz), 0.04%(1kHz), 0.35%(15kHz), 0.12%(50Hz〜10kHz)
    NARROW mono : 0.03%(100Hz), 0.15%(1kHz), 0.6%(15kHz), 0.30%(50Hz〜10kHz)
    NARROW stereo : 0.30%(100Hz), 0.20%(1kHz), 1.00%(15kHz), 0.50%(50Hz〜10kHz)
    S/N 比 (100% 変調) mono : 90dB
    stereo : 85dB
    キャプチャーレシオ WIDE : 0.8dB
    NARROW : 2.0dB
    実効選択度 WIDE : 45dB
    NARROW : 65dB (±300kHz)
    ステレオセパレーション WIDE : 60dB(1kHz), 47dB(50Hz〜10kHz), 40dB(15kHz)
    NARROW : 50dB(1kHz), 40dB(50Hz〜10kHz), 33dB(15kHz)
    周波数特性 15Hz〜15kHz ±0.5dB
    イメージ妨害比 90dB
    IF 妨害比 110dB
    スプリアス妨害比 120dB
    AM 抑圧比 75dB
    サブキャリア抑圧比 75dB
    AM チューナー部
    受信周波数範囲 520〜1650kHz
    感度 9uV/m (IHF)
    180uV/m (ループアンテナ)
    S/N 比 (30% 変調, 1mV 入力) 55dB
    高調波歪率 (1000kHz) 0.2%
    選択度 (IHF) WIDE : 38dB
    NARROW : 70dB
    周波数特性 (WIDE) 30Hz〜6kHz
    総合
    出力/インピーダンス FM (1kHz, 100%変調) : 0.75V/2.2kΩ(固定), 1.5V/2.2kΩ(可変)
    AM (400Hz, 30%変調) : 0.25V/2.2kΩ(固定), 0.5V/2.2kΩ(可変)
    マルチパス端子インピーダンス 垂直出力 : 47kΩ
    水平出力 : 47kΩ
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    定格消費電力(電気用品取締法) 17W
    外形寸法 440(W)×111(H)×337(D)mm
    重量 5.4kg
    その他
    発売時期 1982年
    定価 73,800円