Pioneer F-717 (2号機)

Pioneer F-717 (2号機) が到着

2022年12月10日、千葉県木更津市の K さんより Pioneer F-717 の修理依頼品が到着しました。



程度&動作チェック

  1. 修理依頼者のコメント

  2. 外観

  3. 電源 ON してチェック



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りは、素晴らしく良いです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. FM 検波部

  5. FM MPX 部

  6. AM 受信部

  7. プリセットメモリのバックアップ



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 調整ポイント

    【注】 [VR102] は FM STEREO 用の調整のようだが何に作用するか不明。 FM [S メータ] は [VR104] で調整。

    BAND セクション 種別 調整ポイント 調整内容
    FM フロントエンド L L1
    T1
    L2
    RF トラッキング
    TC TC1
    TC2
    TC3
    L L3 OSC トラッキング
    IFT T2 IF
    1st IF VR VR101 MONO DIST
    IFT T104 IF
    2nd IF IFT T105
    T106
    T107
    T108
    T109
    13.45MHz
    VCO IF IFT T101
    T102
    10.7MHz
    T103 (a) 同調点
    T103 (b) 歪補正
    VR VR102 S-METER
    (FM STEREO)
    VR103 MUTING
    VR104 S-METER
    VR106 NARROW DIST
    VR107 MONO DIST
    L L118 IF VCO (24.15MHz)
    検波 L T201 DET VCO
    VR VR201 ONLY DIST
    VR202 MONO DIST
    VR203 DC BALANCE
    MPX VR VR204
    VR209
    L-R SEPARATION
    VR205
    VR208
    R-L SEPARATION
    VR206 38kHz VCO
    VR207 PILOT CANCEL
    AM フロントエンド L T301 RF トラッキング
    TC TC302
    L L301 OSC トラッキング
    TC TC301
    IF IFT T302 IF
    VR VR301 S-METER
    FM/AM その他 VR VR302 CAL TONE

  2. テストポイント (TP)

    BAND TP 接続先 内容 備考
    FM TP14 TP14〜TP15 間 PLL 検波 NULL 0±10mV
    TP15
    TP19 TP19〜GND 間 MPX VCO 38kHz±20Hz
    TP22 TP22〜GND 間 FM S メータ  
    TP24 TP24〜TP26 間 VCO IF QR NULL 0±10mV
    TP26
    TP25 TP25〜GND 間 VCO IF QR OUT  
    TP29 TP29〜GND 間 IF VCO 2nd IF (13.45MHz)
    AM TP35 TP35〜GND 間 AM S メータ  
    FM/AM TP33 TP33〜GND 間 VT 電圧 バリキャップ印加電圧

  3. 電源電圧チェッックポイント (VP)

    VP 標準値 実測値 判定 備考
    TP17 +13V +13.7V チューナ全般
    CN501-1pin +5.6V +5.67V MCU
    CN501-4pin -8V -8.23V FL
    R401 左側 +27V +27.3V VT 用電圧

  4. FM 受信部の調整

    手順 SSG出力 F-717 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - BAND : FM
    TUNING MODE : OFF
    MUTING : OFF
    MPX MODE : OFF
    REC LEVEL CHECK : OFF
    -  
    2 - 90MHz 受信 L3 TP33 電圧 = 23.5±0.2V OSC トラッキング調整
    3 - 76MHz 受信 - TP33 電圧 = 7.5V±1.0V
    確認のみ
    4 76MHz 30dB
    無変調
    76MHz 受信 L1
    T1
    L2
    TP22 電圧 = 最大 RF トラッキング調整
    5 90MHz 30dB
    無変調
    90MHz 受信 TC1
    TC2
    TC3
    6 手順4〜5を数回繰り返す
    7 83MHz 30dB
    無変調
    83MHz 受信 T2
    T101
    T102
    TP22 電圧 = 最大 1st IF 調整
    8 83MHz 90dB
    mono 1kHz
    T101
    T102
    VR101
    VR106
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 1st IF 歪補正 (mono)
    9 83MHz 90dB
    mono 1kHz
    83MHz 受信 T103 (b) オーディオ出力 = 高調波歪最小 1st IF QR 調整
    10 T103 (a) TP24〜TP26 間電圧 = 0±10mV
    11 手順9〜10を数回繰り返す
    12 83MHz 90dB
    無変調
    83MHz 受信 L118 TP29 = 13.45MHz
    周波数カウンタで測定
    2nd IF 調整
    13 83MHz 90dB
    mono 1kHz
    VR107 オーディオ出力 = 高調波歪最小 2nd IF 歪補正 (mono)
    14 T201
    VR201
    VR202
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 PLL 検波調整
    15 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L+R
    83MHz 受信 VR206 下の [VCO 調整手順] を参照 VCO 調整
    16 VR203 オーディオ出力 (L) = (R) DDD 調整 この調整は重要!
    セパレーション調整に影響する
    17 T104
    T105
    T106
    T107
    T108
    T109
    オーディオ出力 = 高調波歪最小 2nd IF 歪補正 (stereo)
    18 VR207
    L204
    オーディオ出力 = 19kHz 成分最小 Pilot Cancel 調整
    19 83MHz 90dB
    stereo 1kHz R
    VR205
    VR208
    オーディオ出力 (L) = 最小 セパレーション調整
    20 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L
    VR204
    VR209
    オーディオ出力 (R) = 最小
    21 83MHz 80dB
    無変調
    VR104 S メータ = フル S メータ調整
    22 83MHz 18dB
    mono 1kHz
    MUTING : ON - MUTING レベル調整
    23 83MHz 受信 VR103 オーディオ出力 = ON/OFF 閾
    24 83MHz 90dB
    mono 400Hz
    83MHz 受信 - オーディオ出力 = レベル測定 REC LEVEL 調整
    25 REC LEVEL CHECK : ON -
    26 83MHz 受信 VR302 オーディオ出力 = 手順24の -6dB

  5. AM 受信部の調整

    手順 SSG出力 F-717 の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - BAND : AM
    TUNING MODE : OFF
    REC LEVEL CHECK : OFF
    -  
    2 - 522kHz 受信 L301 TP33 電圧 = 2±0.3V OSC トラッキング調整
    3 - 1629kHz 受信 TC301 TP33 電圧 = 19.5±0.5V
    4 手順2と3を数回繰り返す
    5 603kHz 30dB
    無変調
    603kHz 受信 T301 TP35 電圧 = 最大 RF トラッキング調整
    6 1404kHz 30dB
    無変調
    1404kz 受信 TC302
    7 手順5と6を数回繰り返す
    8 999kHz 30dB
    無変調
    999kHz 受信 T302 TP35 電圧 = 最大 IF 調整

  6. 調整結果



使ってみました

  1. デザイン

  2. 感度と音質



仕様など

  1. ドキュメント

    日本版 F-717 のドキュメントが見当たらず、代わりに F-717 の輸出仕様型式である F-91 のドキュメントを掲載します。

  2. 仕様

    型式
    ARTS/D.D.デコーダーTypeIII搭載 FM/AM デジタルシンセサイザチューナ
    FM チューナ部
    受信周波数
    76.0〜90.0MHz
    実用感度
    mono: 0.8μV/9.3dBf (75Ω)
    S/N 比
    mono: 100dB
    stereo: 92dB
    高調波歪率
    mono: 0.008% (100Hz), 0.005% (1kHz), 0.01% (10kHz)
    stereo: 0.01% (100Hz), 0.008% (1kHz), 0.05% (10kHz)
    キャプチュアレシオ
    0.8dB
    実効選択度
    90dB (400kHz)
    60dB (300kHz)
    ステレオセパレーション
    1kHz: 70dB
    20Hz〜20kHz: 54dB
    周波数特性
    20Hz〜15kHz +0.2 -0.8dB
    イメージ妨害比
    80dB
    IF 妨害比
    100dB
    スプリアス妨害比
    80dB
    AM 抑圧比
    70dB
    サブキャリア抑圧比
    65dB
    ミューティング動作レベル
    25.2dBf (5μV/75Ω)
    アンテナ入力インピーダンス
    75Ω不平衡型
    AM チューナ部
    受信周波数
    522〜1629kHz
    実用感度 (Loop antenna)
    150μV/m
    実用選択度
    40dB (±9kHz)
    S/N 比
    50dB
    イメージ妨害比
    40dB
    IF 妨害比
    60dB
    アンテナ
    Loop Antenna
    総合
    出力レベル
    FM: 650mV/900Ω (100%変調)
    AM: 150mV/900Ω (30%変調)
    電源電圧
    AC100V 50/60Hz
    定格消費電力
    18W
    外形寸法 (幅×高さ×奥行)
    420×84×316mm
    重量
    4.6kg
    ファンクション
    FM/AM プリセット
    24局ランダムプリセット
    プログラムメモリ
    3局
    TUNING MODE
    OFF/1/2/3
    MUTING
    ON/OFF
    MPX MODE
    MONO/Hi-Blend(STEREO)/AUTO(STEREO)
    ANT A/B
    A/B
    REC LEVEL CHECK
    ON/OFF
    その他
    発売時期
    1987年
    定価
    59,800円