SONY ICF-9580

SONY ICF-9580 が到着

2023年8月26日、さいたま市の N さんから SONY ICF-9580 の修理依頼品が到着しました。 N さんの自家配送でした。

定価27,800円の高級ホームラジオ!!!

半世紀前のクラシカルラジオですが IC とトランジスタで構成します。

通常、ラジオの類は修理を受けていません!
ラジオの修理でもチューナと同じ手間暇がかかります。 ラジオの単価は安く、修理費割合が高くなってコスト的に合わないからです。

本機の修理も一度はお断りしたのですが、[非常に愛着があって修理費が高額になっても構わないと] のことで引き受けることにしました。



程度&動作チェック

  1. 修理依頼者のコメント

  2. 外観

  3. 電源 ON してチェック



木製キャビネットを外してみました

  1. 各部を眺める

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. AM 部

  5. AF パワーアンプ

  6. 電源部



リペア:スピーカが壊れるのではと思えるほど大きなバリバリ雑音しか出ない

  1. 調査と原因

  2. 対策

  3. 動作チェック



使ってみました

  1. デザイン

  2. 感度

  3. 音質

  4. 総括



仕様など

  1. ドキュメント

  2. 仕様

    FM/AM 受信部
    受信周波数 FM : 76〜90MHz
    AM : 530〜1,605kHz
    アンテナ FM : リードアンテナ内蔵, 外部アンテナ端子付
    FM : フェライトバーアンテナ内蔵, 外部アンテナ端子付
    スピーカ 直径 10cm, インピーダンス 8Ω
    バスレフ方式 (共振周波数 84Hz)
    最大出力 7W (5% ひずみ率, 400Hz にて)
    電源電圧 AC100V, 50/60Hz
    消費電力 12W
    外形寸法 354(W)×164(H)×170(D)mm
    重量 3.7kg
    その他
    発売時期 1976年
    定価 27,800円