KENWOOD KT-1100D

KENWOOD KT-1100D をゲット!

2006年8月14日、ヤフオクにて KENWOOD KT-1100D の不動作品を税込1,110円にて落札しました。 この写真は修理完了後です。



程度&動作チェック

  1. 出品者のコメント

  2. 外観

  3. 電源 ON して動作チェック



カバーを開けてみました

  1. 基板の作りが大変良いです。 写真をクリックすると拡大写真を表示できます。

  2. FM フロントエンド

  3. FM IF 部

  4. FM 検波部

  5. FM MPX 部

  6. AM 受信部

  7. プリセットメモリのバックアップ



リペア

  1. 現象から考えて、MPU が動いていない

  2. クリーニング



調整

写真の FM/AM 標準信号発生器 Panasonic VP-8175A (以下 SSG)、 FM Stereo 信号発生器 MEGURO MSG-2170、 周波数カウンタ ADVANTEST TR5822 を使って調整します。 10年も経つとコイルやトリマはズレます。

  

  1. 調整ポイント

    BAND セクション 基板 種別 調整ポイント 調整内容
    FM フロントエンド TUN L L1
    L4
    L7
    L18
    RF トラッキング
    L L14 OSC トラッキング
    TC TC1
    IFT L10 IF
    IF IF VR VR1 AUTO STOP SENS
    検波 DET IFT L9 同調点
    L11 PLL 検波 波形
    L12 PLL 検波 NULL
    IF 歪補正 DCC VR VR3 DET
    VR4 MONO2
    VR5 ST-L
    VR6 MONO3
    VR7 SUB
    MPX TUN VR VR1 NARROW SEP
    VR2 SEP-L
    VR3 SEP-R
    VR4 MPX VCO
    L L25 stereo 歪補正
    LPF L23 キャリアリークフィルタ
    AM フロントエンド TUN L L26 RF トラッキング
    TC TC2
    L L27 OSC トラッキング
    TC TC3
    IF IFT L28 IF
    FM/AM メータ METER VR VR2 T-METER (OFFSET)
    VR3 S-METER (LEVEL)
    VR4 MODULATION (%)

  2. テストポイント (TP)

    FM/AM TP 接続先 内容 備考
    FM TP10 TP10〜TP11 間 同調 NULL 0±10mV
    TP11
    TP12 TP12〜TP13 間 PLL 検波 NULL 0±10mV
    TP13
    [DET 基板]
    CN3-4pin
    CN3-4pin〜GND 間 FM S メータ電圧  
    FM/AM TP3 TP3〜GND 間 VT 電圧 バリキャップ印加電圧

  3. 電源電圧チェックポイント (VP)

    VP 表示電圧 標準電圧 実測電圧 判定
    Q40-E +15V +14.9V * *
    Q42-E -14V -13.5V * *
    IC14-OUT +5V +5.6V * *
    Q46-E +28V +28V * *

  4. FM 受信部の調整

    手順 SSG出力 KT-1100D の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - SELECTOR : FM
    REC CAL. : OFF
    FM IF BAND : WIDE
    RF SELECTOR : DISTANCE
    - -  
    2 83MHz 90dB
    無変調
    83MHz 受信 [DET 基板]
    L9
    TP10〜TP11 間電圧 = 0±10mV 同調点調整
    3 - 76MHz 受信 L14 TP7 電圧 = 3.0±0.1V OSC トラッキング調整
    4 - 90MHz 受信 TC1 TP7 電圧 = 25.0±0.1V
    5 手順3と4を数回繰り返す
    6 83MHz 30dB
    無変調
    83MHz 受信 L1
    L4
    L7
    L18
    R67 (後) 電圧 = 最大 RF トラッキング調整
    7 L10 IF 調整
    8 83MHz 90dB
    無変調
    [DET 基板]
    L11
    [DET 基板]
    L11 の2次側波形 = 振幅最大
    オシロスコープで観測
    PLL 検波調整
    9 [DET 基板]
    L12
    TP12〜TP13 間電圧 = 0±10mV
    10 83MHz 12dB
    mono 1kHz
    [IF 基板]
    VR1
    S メータ = 1ドット AUTO STOP レベル調整
    11 83MHz 90dB
    mono 1kHz
    [DCC 基板]
    VR3
    VR4
    VR6
    オーディオ出力 = 高調波歪率最小 WIDE mono
    IF 歪補正
    12 83MHz 受信
    FM IF BAND : NARROW
    [DCC 基板]
    VR2
    NARROW mono
    IF 歪補正
    13 83MHz 90dB
    stero 1kHz L+R
    83MHz 受信
    FM IF BAND : WIDE
    VR4 以下の [VCO 調整手順] を参照 VCO 調整
    14 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L-R
    L25 オーディオ出力 = 最大 SUB レベル調整
    15 [DCC 基板]
    VR7
    オーディオ出力 = 高調波歪率最小 WIDE stereo
    IF 歪補正
    16 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L
    [DCC 基板]
    VR5
    オーディオ出力 (L) = 高調波歪率最小
    17 83MHz 90dB
    stereo 1kHz R
    VR2 オーディオ出力 (L) = 最小 WIDE
    セパレーション調整
    18 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L
    VR3 オーディオ出力 (R) = 最小
    19 83MHz 90dB
    stereo 1kHz R/L
    83MHz 受信
    FM IF BAND : NARROW
    VR1 オーディオ出力 (L/R) = 最小 NARROW
    セパレーション調整
    20 83MHz 50dB
    mono 1kHz
    83MHz 受信
    FM IF BAND : WIDE
    [METER 基板]
    VR2
    T メータ = センタ T メータ調整
    21 [METER 基板]
    VR3
    S メータ = フル S メータ調整
    22 83MHz 90dB
    mono 400Hz
    [METER 基板]
    VR4
    MOD メータ = 100% M メータ調整
    23 83MHz 90dB
    stereo 1kHz L+R
    L23 (前) オーディオ出力 (L) = 19kHz 成分最小 キャリアリーク調整
    24 L23 (後) オーディオ出力 (R) = 19kHz 成分最小

  5. AM 受信部の調整

    手順 SSG出力 KT-1100D の設定 調整箇所 TP 及び調整値 備考
    1 - SELECTOR : AM
    REC CAL. : OFF
    AM IF BAND : WIDE
    - -  
    2 - 522kHz 受信 L20 TP7 電圧 = 1.5±0.1V OSC トラッキング調整
    3 - 1629kHz 受信 TC2 TP7 電圧 = 8.0±0.1V
    4 手順2と3を数回繰り返す
    5 603kHz
    30dB
    1kHz
    603kHz 受信 L21 S メータ = 最大 RF トラッキング調整
    6 1404kHz
    30dB
    1kHz
    1404kHz 受信 TC3
    7 手順5と6を数回繰り返す
    8 999kHz
    30dB
    1kHz
    999kHz 受信 L22 S メータ = 最大 IF 調整

  6. 再調整結果

    項目 FM IF BAND L R 単位
    ステレオセパレーション (1kHz) WIDE 72 71 dB
    NARROW 60 61 dB
    パイロット信号キャリアリーク WIDE -55 -57 dB
    オーディオ出力レベル偏差 (mono) 0 +0.1 dB



使ってみました

  1. 感度が非常に良く、混変調妨害にも強く、 かなり優秀です。

  2. FM の音質はシャッキリとした高音域が特長

  3. AM の音質も良い



  4. 放送局のプリセットメモリ数が FM/AM 合わせて16局分あるので、必要十分です。

  5. S メータ表示のバーが9本

  6. [MODULATION(%)] 表示

  7. FM アンテナ入力は F 型 75Ω不平衡コネクタなので、妨害電波の混入を避けることができます。



  8. SONY ST-S333ESG と肩を並べる高性能



操作方法について

  1. プログラム受信のしかた

  2. QUEITING CONTROL スライドボリューム

  3. AM IF BAND ボリューム



レベルメータ



仕様など

  1. ドキュメント

  2. 仕様



    発売時期
    1986年
    定価
    74,800円